法律の資格を取得する、司法試験の勉強に適した環境は

法律のプロを目指す司法試験にかける勉強時間は人それぞれですが、1日最低10時間は必要と言う人もいれば、寝る間も惜しんで勉強にあてるべきといった極端な意見もあります。
法律系国家資格の中でも最難関と言われている司法試験に合格するには、確かに相当量の努力が必要です。
しかし、ただ時間をかければいいという問題でもありません。
司法試験で合格するには、試験勉強の時間だけでなく、勉強の質を高めることも重要です。
勉強のスタイルには人それぞれ合う・合わないがあります。
自分の部屋が集中できるという人もいれば、飽きっぽい性格の人で図書館やカフェなど場所を移動しながら勉強しているという人もいます。
中には音楽を聴きながら勉強をするという人もいますが、勉強は自分が一番集中でき、しっかりと学んだ内容が頭に入る環境であればどこでどんなスタイルで行っても良いでしょう。
しかし、試験当日は試験の開始時間も場所も決まっています。
直前に気合を入れて勉強しすぎてしまい、寝不足や体調不良の状態で受験することがないように、自分の調子を合わせることも大切です。