法律のプロを目指す、司法試験は地道な努力が不可欠

どのような資格試験においても、その試験対策としての勉強は不可欠です。
しかし、国家資格の中でも非常に合格率が低く、難しい司法試験に合格するには、相当量の勉強時間と努力が必要になります。
できるだけ楽をして合格したい、と思ってもそうはいかないのが司法試験です。
では司法試験の勉強は何か特別なことが必要かと言うと、そうでもありません。
必要なのは地道な努力と諦めない心です。
司法試験合格のために一番の近道は、法律についての基礎をしっかり固めること。
そのためにはテキストを読み込み、理解し、過去問を解いて知識を自分の中に蓄えていくということが非常に重要になります。
テキストは読まないで片っ端から答練や論証フォーム集を暗記してしまうという人がいますが、それでは本試験で対応できない問題も出てきます。
基本書には試験に出題される問題を解くのに必要な知識が掲載されています。
そこをしっかりと押さえておけば、暗記では対応できない応用問題もどのようにして解決していくか、その解法が見えてきます。
根気のいる作業ですが、一冊のテキストを何度も繰り返し復習して法律の知識を身に付けていきましょう。