法律のプロを目指して、司法試験は過去問の分析が鍵

どのような試験に備える場合でも、一度は過去問を解いてから本番に臨むと思います。
法律に関する幅広い知識や理解が必要で、合格が非常に難しいと言われる司法試験でもそれは同じです。
多くの試験では過去問はある程度勉強が進んでから解いて、本番直前になって時間配分や問題を解く感覚を養うために解くものと考えている人が多いでしょう。
しかし、司法試験において過去問はこれまでにどういった問題が出されているのか、出題者がどういった意図で出題したものなのかを研究するために必要不可欠なものです。
過去問を研究し、対策を練ることが司法試験突破の鍵になります。
過去問の問題の裏には、出題者がその問題を出した意図のようなものが隠されています。
それがどこにあるのか、どういったものを求められているのかを的確に分析することが大切です。
傾向は必ずあるので、それに合わせた対策が有効になります。
自分1人で傾向を分析する時間がなければ大学や予備校を利用し、教授や講師の先生に聞いてみるのも方法の1つです。
法律のプロを目指し、地道に続けていきましょう。