法律系資格の最高峰・司法試験は一冊のテキストで攻略

出題範囲が広く、法律に関する膨大な量の知識を必要とされる司法試験は法律系の国家資格の中でも最難関と言われるほど厳しい試験です。
多くの人がこの試験突破を目指し、日々勉強をしているかと思いますが、合格する人とそうでない人の差はその勉強法にも表れています。
司法試験はとにかく難しそうといったイメージばかりが先行してしまうと、基礎基本の勉強よりも応用問題や難易度の高いものばかりに手をつけたくなってしまいますが、司法試験で本当に必要とされているのは基礎の部分です。
一冊適度な厚みで内容もしっかりしたテキストがあれば、そのテキスト一冊に絞って、完璧にマスターできるくらいまで読み込みましょう。
テキストの読み込みと過去問を繰り返し解くこと、過去問で出題された問題がどのようにテキストで書かれていたのかを常に考えながら進めていきます。
途中で別のテキストに手をつけて、1回読んだら他のテキストへ乗り換えるといった方法ではなく、最後まで一冊のテキストを通して徹底的に勉強をすることをお勧めします。

英日翻訳
英語のプロフェッショナルにお任せください

契約書翻訳
専門用語もお任せください

税理士 札幌
豊富な経験がある会計事務所をご案内

契約書翻訳
格安料金で翻訳いたします

技能実習生と働きませんか?

最新投稿

  • 法律のプロを目指す、司法試験は地道な努力が不可欠

    どのような資格試験においても、その試験対策としての勉強は不可欠です。
    しかし、国家資格の中でも …

    続きを読む...

  • 法律系国家資格・司法試験の勉強は計画的に

    試験に向けて勉強のスケジューリングをすることは非常に重要なことです。
    特に、司法試験のように範 …

    続きを読む...

  • 法律のプロを目指して、司法試験は過去問の分析が鍵

    どのような試験に備える場合でも、一度は過去問を解いてから本番に臨むと思います。
    法律に関する幅 …

    続きを読む...

  • 法律の資格を取得する、司法試験の勉強に適した環境は

    法律のプロを目指す司法試験にかける勉強時間は人それぞれですが、1日最低10時間は必要と言う人もいれば …

    続きを読む...

お知らせ